1200mの高松宮記念を最初に勝ったフラワーパーク

データで制する高松宮記念

フラワーパークのデビューはかなり遅く、クラシック競走が全て終わった後のデビューでした。その1年前にデビューするはずだったのですが、骨折やその休養などで1年以上ずれ込んでしまったのです。未勝利戦が間もなくして終わる時期で初戦はいいところなく敗れるものの、次のレースで勝利し、返す刀で3連勝し、遅れを取り戻しました。昇級していったんは足踏みしたものの、すぐに条件戦をパスし、オープンクラス入りを果たしたフラワーパークは芝1200メートルの重賞シルクロードステークスに出走し、ヒシアケボノなど並みいる強豪を退け、京都競馬場1200メートルのコースレコードタイ記録をマークする快走で重賞初出走初勝利をあげました。そして、この年からG1に格上げとなり、春の短距離王決定戦となった高松宮杯、現在の高松宮記念に駒を進めます。 シルクロードステークスの快勝により、フラワーパークも人気を上げることになりましたが、話題に上がったのはなんといってもナリタブライアンの出走です。ナリタブライアンは1994年のクラシック三冠だけでなく、その年の有馬記念を制したスーパーホースです。阪神大賞典などの長い距離でも存在感を発揮していた馬が1200メートルのスプリント戦に参戦することは多くの人が驚き、衝撃が走りました。3番人気フラワーパーク、2番人気ナリタブライアンよりも上回る人気がヒシアケボノです。前年のスプリンターズステークス勝ち馬であり、フラワーパークに負けはしたものの、休養明けだったことも考慮されました。 現在の高松宮記念こそ有数の短距離馬が揃いますが、短距離路線が整備される前だったこともあり、有力馬が少ないレースとされたものの、ナリタブライアンの出走で中京競馬場に7万人が押し寄せるフィーバーぶりとなりました。レースは前半が33秒前半という若干速い流れとなり、その中を先行していたフラワーパークが直線で抜け出し、2着ビコーペガサスに2馬身半差つけ、当時の中京競馬場1200メートルのレコードを更新する圧倒的な勝利を見せつけました。 その後は、エイシンワシントンとのハナ差の激闘、わずか数センチの差として後世に語り継がれることになるスプリンターズステークスを制し、この年の最優秀短距離馬、最優秀父内国産馬のタイトルを獲得しました。デビューこそ他より遅れたものの、レースで見せた驚異的なスピードのようにあっさり追いつき、スターダムをかけあがりました。高松宮記念の第1回にふさわしいレースとなったのです。