高松宮記念のコースについて 中京芝1200mの勝負

データで制する高松宮記念

高松宮記念の前身である高松宮杯が、それまでの芝2000mから芝1200mとなったのは1996年以降のことです。これまでは、小回りで平坦のコースで行われ、粘り込みを図ろうとする馬や早目に進出を開始して4コーナーでは先頭付近にいようとする馬などがいました。その後、中京競馬場の馬場改修工事による阪神競馬場での開催を挟み、新しい馬場による開催は2012年からとなっています。馬場工事により、コース全体が一回り大きくなり、直線がそれまでの314mから412.5mと100m近く長くなりました。また、以前までにはなかった直線の坂を新設し、小回り平坦のイメージが強かった中京競馬場のコースを一新する改革が行われました。 高松宮記念が行われる芝1200mは向正面からスタートし、少しばかり上り坂があると、そこから直線まで一気に下り坂となり、勢いをつけたまま直線になだれ込むことになります。駆け下りる高低差は3.5mでスピードが出る半面、下手に突っ込むと直線においてバテることになるため、いかに折り合いをつけるかがこのコースでは重要となります。それでも馬場改修後の高松宮記念では先行馬の粘り込みが目立ち、後方から3着以内に入るには上がり3ハロンにおいて最速タイムを出す必要があります。 高松宮記念が行われる中京競馬場の直線における坂は中山競馬場に匹敵するものがあります。そのため、芝1200mだけを走るスピードだけではなかなか勝ちきるのは難しく、それ以上の距離での勝利経験や急坂コースでの実績などが必要です。ここ数年は雨が降っていることが多く、スピードだけでは勝てない流れを加速させ、2015年の高松宮記念では香港馬エアロヴェロシティが勝つなど、外国馬も展開次第、天候次第では勝てるレースとなっています。ハクサンムーンのように、何年も高松宮記念では馬券圏内に入る馬や、世界を制したロードカナロア、後にスプリンターズステークスを制することになるスノードラゴンなど、このレースで成績を残している馬には何らかの特徴があります。スピードだけではなく、パワーがなければこのコースで勝つことは難しいといえます。東京競馬場のような、ゆったりとした上り坂や下り坂ではなく、緩急が鋭い上り坂や下り坂があるため、騎手の腕もとても重要になってくる中、やはり馬の器用さもここでは問われます。1200mの実績だけでなく、1400m1600mの実績も見ないといけません。

そんな6ハロンの電撃戦である高松宮記念の予想は、1つ読み間違えればすべてが崩れてしまう繊細なもの。
ほんの少しの出遅れや、かかりが致命傷になるため、最新の注意が必要です。
出来るだけ、それらが起こる確率が少なく、力のある馬を選ぶためには競馬予想サイトの力を借りる事が良いでしょう。
是非レース当日、的中と言う名の勝利を手にしてください。